特定調停の詳細

特定調停とは、支払不能に陥るおそれのある債務者が特定調停を裁判所に申し立てることにより、債務者と債権者と間で支払い方法などを合意することによって、債務者の経済的再生を図る債務整理手続です。


※任意整理との違い

任意整理は司法書士が債権者と交渉を行いますが、裁判所を介しません。特定調停は裁判所が債務整理案を作成していくことになります。また、調停成立後の調書は確定判決と同じ効力があります。成立後に支払ができなくなると、債権者は訴訟せずに強制執行手続(給与の差し押さえなど)ができます。あまりに多額な借金の場合、特定調停という手段は難しいこともありえます。